今年最初のトライアスロンのレースには、4月7日のASTCトラアスロンアジア選手権のシチズンの部にエントリーしていました。

スイムの想定水温が16度程度ということだったので、寒さ対策をいろいろ考えて、現地に前泊してレースに臨みましたが・・・

当日朝の水温が12度、気温が3度Σ( ̄ロ ̄|||)

・・・ということで、スイムは中止となり、

ラン3キロ、バイク40キロ、ラン10キロのデュアスロンに変更になってしまいました。

私にとっては初オリンピックディスタンスだったので、残念です。


最初の3kmランは13分36秒と、私としてはまずまずのペース。

バイク40kmは、どの程度のスピードで走ればいいのか自分で良く分からないまま、無理のないスピードの集団の中に入って、1時間21分55秒。
せっかくのレースなので、もっと攻めるべきでした。
まだ、「完走」を第1に考えてしまうので、タイムにどん欲になれないのが問題だと思います。

最後のラン10kmは、バイクを降りて、最初の1km過ぎでふくらはぎが攣りそうな予感がきたので、少し歩いて様子をみました。
後半は脚も落ち着いてきて、走れるようになりましたが、前半のペースダウンが響いて1時間00分44秒もかかってしまいました。
この距離で1km6分ペースでは・・・
これはランの問題と言うより、バイクのトレーニング不足ですかね。

run




館山のレースは、昨年のタテトラに続き2回目でしたが、都心からアクセスもしやすいし良いところですね。
泊まったホテルも、宴会場をバイクや荷物を置くスペースにしてくれて、館山全体でレースを盛り上げようとしているのが伝わりました。
前日には男子のオリンピック代表が決まるアジア選手権(エリート)もおこなわれていましたが、間近で観戦できたのは良い刺激になりました。


いよいよシーズン開始といきたいところですが、実は、次のレースが決まっていません。
しばらくは自主トレとなりそうです。