2011年11月3日に湘南国際マラソンを走りました。

前回の大会は今年の1月だったので、今年は2回このレースに参加することになりました。

このレースは、大磯プリンスホテルから西湘バイパスを江の島まで走り、折り返すというコースです。

ほとんど平坦なコースなので、走りやすいです。


前回大会は、30キロあたりで、なぜか背中を攣って失速してしまい、4:27:46(ネット※実際にスタートしてからのタイム)でした。

今回は、できるかぎり5分20秒から40秒くらいのペースを維持しようと考えていました。

しかし、スタートブロックが後ろから2つ目になってしまい、スタートまでに20分かかっただけでなく、前に人が多すぎて、なかなか自分のペースで走ることができませんでした。

10キロくらいまでは、我慢我慢という感じで走っていました。


前回の大会で得たこのレースの特徴(?)の1つは「江の島折り返しは半分じゃない」ということ、

もうひとつは、「右手にゴールが見えても、ゴールはかなり先」ということ。

江の島の折り返しで安心してペースをあげると、30キロ付近でしんどくなります。

しかも、このコースは、帰ってきてゴールが見えても、一度通り過ぎて、6キロくらい走らないといけません。

終盤のゴールがみえてからの距離が、精神的に本当にしんどいです。


今回は、37キロくらいまでは、4時間切りのペースで予定通りの走りができましたが、終盤に疲れがきてしまい、結局4時間切りはできずに4時間8分49秒(ネット)。

でも、4時間切りが見えてきたので、良かったかなと思います。


次回のフルマラソンまでには、体重を落として、前半にキロ5分程度で走る距離を増やそうと考えています。